Cue

PICK UP 最新情報

大企業と中小企業の共創による新たな人材戦略とは
~事業成長を狙った「レンタル移籍」の可能性~

OKB総研 × Cue

  • EVENT
  • 申し込み受付中

現代社会の激しい変化に対応するためには、企業に変革やイノベーションを起こす人材が求められます。そのような中、イノベーション人材の育成手法として大企業からベンチャー企業や中小企業へ一定期間人材を送る「企業間レンタル移籍」が注目されています。大企業は社員の外部での経験や学びを自社に還元でき、ベンチャー企業や中小企業にとっては、他企業のノウハウを通じて課題解消につながる仕組みです。
本イベントでは、スピーカーに「企業間レンタル移籍」プラットフォームを展開する株式会社ローンディールの大川 陽介氏、朝日新聞の中小企業向けメディア「ツギノジダイ」編集長の杉本 崇氏、老舗アパレルメーカー・株式会社双葉商事の4代目で、新規事業に取り組む深井 喜翔氏をお招きします。第1部では、大企業や中小企業が抱えている課題と新たな人材戦略について、第2部では、「レンタル移籍」を受け入れている中小企業の現場から、人材交流によって生まれる効果についてお伝えします。
大企業、中小企業やベンチャー企業といった組織の規模や成熟度をこえて、人材が交流することの可能性とこれからの人材戦略について考えたいと思います。

アフターコロナ/ウイズコロナの時代の「働く環境」とは?~「WORK MILL with Forbes JAPAN」現編集長×初代編集長トークセッション

CUE ACADEMY - オンライン開催

  • REPORT

5月22日に、「アフターコロナ/ウイズコロナの時代の「働く環境」とは?~「WORK MILL with Forbes JAPAN」現編集長×初代編集長トークセッション」をオンライン開催しました。
新型コロナウイルス感染症の拡大をうけて、緊急事態宣言が全国に拡大して出されたのが4月16日でした。今回のトークセッションは、39県の緊急事態宣言解除に続き、大阪・京都・兵庫の3府県の宣言解除された翌日、東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道の5都道県での緊急事態宣言は継続された状況での開催でした。このような、それまでの日常とはまったく違う毎日を過ごす中、緊急事態宣言に終わりは見えたものの、これからの働く環境はどうなっていくのか、そんな疑問にヒントや気づきを投げかけ、みなさんと考えていけるようなトークセッションになれば、と考えました。
「はたらく」を考えるビジネス誌「WORK MILL with Forbes JAPAN」の現編集長と初代編集長によるトークセッション。実は、2人が一緒に話をすることは機会としてはこれまで多くはありませんでした。楽しみながら話をしたい、と冒頭に2人からのコメント。さまざまな地域、組織そして人を訪ね、多様な「はたらく」を取材・発信をしてきた2人が、アフターコロナ/ウイズコロナの「働く環境」のキーワードを語りました。

ABOUT Cueの活動について

Open Innovation Biotope “Cue”は、
オカムラが運営する共創空間のひとつとして、自動車関連産業をはじめとする
モノづくりのまち・名古屋に誕生しました。

業種や組織の枠にとらわれず、多様なステークホルダーの人たちと
これからの「はたらく」を共有し、
新たなつながりやひらめきが得られるような活動をしていきます。

ACCESS アクセス方法

OPEN INNOVATION BIOTOPE “Cue”

所在地:
〒450-6414
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング14F
株式会社オカムラ 中部支社内

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にCueにおたずねください。