Cue Dream Project produced by 愛知プロボノ・イニシアティブ みんなのドリーム 塚本 恭之さん

 

Cue Dream Project produced by 愛知プロボノ・イニシアティブにお寄せいただいた、みなさんの“夢”をご紹介します!

「共感した!」「ちょっとかかわってみたい!」「もっと詳しく聞いてみたい!」少しでもみなさんのアンテナにひっかかる“夢”がありましたら、ぜひフューチャーセッションにご参加ください。
立場や肩書き、所属をこえて、“夢”を実現に近づけるアイデアを出したり、“夢”をもっと大きくふくらませたり、ワクワクする対話をして、一緒に“夢”を実現に近づけましょう。

 

dream #3

塚本 恭之さん

越境プロデューサー / ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社 代表取締役

大手電子機器メーカーにて勤務する傍ら、フューチャーセンターなどのファシリテーションやプロボノ団体「プロボネット」にて企業やNPOのコンサルティングに従事。2014年に人材育成や起業コンサルティング事業を行うナレッジワーカーズインスティテュート株式会社を設立。2017年には一般社団法人企業間フューチャーセンター代表理事に就任。
経済産業省登録 中小企業診断士 経営革新等認定支援機関 等

 

ミドル・シニア人材がいくつになっても働けるよう支援チームを作りたい

人口減少と言われる中、”人生100年時代”と言われ、いくつになっても生き生きと働くことが求められています。政府も70歳定年など様々な策を打ち出しています。しかしながら、片側では早期退職制度や”働かないおじさん問題”、DX人材としての若手人材の奪い合い等、ミドルシニア世代の転職や働くこと全般にはますます逆風が吹いています。

ミドル・シニア世代になっても、いつまでも生き生きと働き、且つ企業や経済の成長も続けるということは難しいのでしょうか?世代間ギャップは埋まらず、ミドルやシニアは一握りを除いてはパートタイムやゆる起業を行うしかないのでしょうか?

いくつになっても生き生き自分らしく働き、成長し、経済も社会も豊かになる社会を目指すため、普通のミドル・シニア世代の方が転職したり起業したりするためのプラットフォームとして、そうした方々のための”ビジネスの学校”を立ち上げたいと考えています。企業の採用人事の方が、「この学校を出た方なら間違いない」と思っていただけるような、ミドル・シニア人材のためのビジネススクールを創りたいと考えています。

フューチャーセッションを開催します

ドリームオーナーさんの“夢”を通してつながり、共に想いを実現させませんか?

「共感した!」「ちょっとかかわってみたい!」「もっと詳しく聞いてみたい!」少しでもみなさんのアンテナにひっかかりましたら、ぜひ“夢”のアイデアをふくらます「フューチャーセッション」にご参加ください。

ワクワク、深く、自由に、対話し、一緒に“夢”を実現に近づけましょう。

日時

2022年6月14日(火)15:00~16:30
(開場 14:50)

場所 オンライン開催します!(Zoomを使用予定)
※オンラインURLは、お申し込みいただいたメールアドレスに送付いたします。
対象

ドリームに「共感した!」「ちょっとかかわってみたい!」「もっと詳しく聞いてみたい!」と思った方

 

<サポーターを募集しています!>

ドリームに共感した方
ご自身のスキルや強みをドリーム実現にいかしてくださる方

▼サポーターお問合せはこちらまでお願いします▼
cue_info@okamura.co.jp

参加費 無料
主催 愛知プロボノ・イニシアティブ
お問合せ ☎ 052-551-3170 ✉ cue_info@okamura.co.jp